2008年08月27日

メトロポリタン美術館

 世界4大美術館といえば、パリのルーブル美術館、イギリスの大英博物館、ロシアのサンクトペテルブルクにあるエルミタージュ美術館、そしてニューヨークにあるメトロポリタン美術館ではないかとガイドさんがNY一押しの観光スポットに行ってきました。(ちなみに5番目は、ワシントンDCにあるナショナル・ギャラリーではないかとのこと)
P1010559.jpg
 では入り口から中に入り、荷物チェックを受け、入場券を買いました。($20@ひとり)入場券は紙ではなくMと記載のあるバッチのようなものでした。ちなみに写真左が入り口すぐ側の案内所です。次に日本語音声ガイドを借りようとおもい、音声ガイド貸し出しの場所にいったところ、日本語で紹介しているところは非常にすくないがそれでもよいかといわれ、やむなく断念。自力で見てまわることになりました。というこでまずはエジプトの展示から(写真右)。
P1050563.jpgP1050566.jpg
 さらにエジプトが続きます。
P1050569.jpgP1050570.jpg
 続いて左の写真はあの有名な...思い出せません。右はナポレオンが描かれていますが、だれが書いた作品かはなぞです。
P1050576.jpgP1050578.jpg
 続く4枚の写真は、モネ、ゴッホ、ルノアールと日本人なら誰でも知っている印象派の絵です。あっ、これ教科書や美の巨人達(テレビ)で見たことあるかもという作品なので親近感が沸きます。
P1050580.jpgP1050584.jpg
P1050599.jpgP1050600.jpg
 メトロポリタン美術館では3時間ほど時間を使いましたが、すべてを見てまわることはできませんでした。しっかり見ると1日でも終わらないかもしれません。また、屋上のテラスは館内の冷房が堪えたときに暖をとるのにいいそうです。(行こうと思ったのですが、ちょうど雨が降ってクローズになってしまっていましたので、地下で休憩しました。)
 
posted by ごった煮 at 10:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 観光

2008年08月26日

自由の女神観光

P1050503.jpg NY1日目はブロードウェイ鑑賞、2日目はNY市内観光とエンパイヤステービルからの眺望、そして3日目は自由の女神観光とメトロポリタン美術館で絵画の鑑賞と夜景ツアーに参加してきました。(4日目はDCへ戻る日でした。) 今日は写真のように自由の女神観光を回顧します。
 さてまずは自由の女神の復習から、自由の女神はアメリカ合衆国の独立100周年を記念してフランスより贈呈され、1886年に完成(アメリカはその際土台を作ったそうです)。完成までの資金が足りなかったので、あの手この手でアメリカは土台作成の資金集めに翻弄し、新聞に名前を載せるから寄付してくださいというので、ようやく資金が集まったとのこと。また、私は知らなかったのですが、自由の女神自体は世界遺産になっているそうです。
 では順番を追って写真を掲載です。地下鉄に乗ってBowling Green 駅でおりるとバッテリー・パークに到着です。(あとで調べたらSouth Ferry 駅も最寄り駅の模様)バッテリー・パークを2、3分歩いたら写真左のようななにやら入り口が見えてきます。こちらが、自由の女神像行きフェリーのチケット売り場、その先に乗り場があります。この日はまだ朝8時30分ごろだったからなのかわかりませんが、右側のようにチケット売り場も空いていました。
P1050481.jpgP1050483.jpg
 私はガイドさんが事前にチケットの購入を(こちら)のホームページでしていただいておりましたのでチケット売り場には並びませんでした。乗船も事前時間予約の場合はEXPRESSレーンからフェリーの中に入れるのでお得です。さて荷物チェックの後、船は出発しました。マンハッタン島がだんだん遠くに見えます。(写真右)
P1050490.jpgP1050493.jpg
 写真のように自由の女神が大きく見えてきました。上陸してしまうと全体をとるのは難しいので船上から激写です。 
P1050500.jpg
 リバティーアイランドに上陸です。次は自由の女神の台座の部分まであがるのに並びます。ここは写真左のような行列で1時間ほど待ちました。待った理由としては、セキュリティチェックがあるんどえすが朝早くてまだセキュリティチェックが開始されていなかったことと、セキュリティチェック自体に時間がかかる(一人1分はかかります)ことです。かなり疲れました。大きな荷物は持ち込み禁止なので、その間に荷物を右の指紋式ロッカーに預けます。写真のように日本語の案内もあるので安心です。
P1050512.jpgP1050558.jpg
 セキュリティチェックのテントに入る前に写真左のようなカードが配られます。自由の女神の大きさなどが記載されていました。(記載されていないカードもありました。) 写真右はセキュリティチェック通過後、中に入ってすぐの写真です。こちらにはトイレや椅子があるのでしばし休憩です。
P1050515.jpgP1050517.jpg
 いろいろ自由の女神の案内があった後にエレベータに乗り台座の頂上に到着です。写真下は台座の頂上から自由の女神を除いてみた写真です。911以前はここを登ることができたそうです。
P1050525.jpg
 続いての写真は台座の外にでて、マンハッタン島を撮った写真(左)と自由の女神を下から取った写真(右)です。台座の下にくるとぜんぜんカメラに収まりきらないです。 
P1050527.jpgP1050532.jpg
P1050559.jpg 最後の写真は台座から降りてお土産さんでのひとこまです。
 総評として、やはりNYに着たらここは訪れておかないといけないのではないかと思います。なんといっても世界遺産ですし..(笑)
posted by ごった煮 at 15:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 観光

2008年08月23日

NY市内観光(その2)

 バスはハーレムを後にして、5番街に入りました。写真は蛍光のルイヴィトンです。派手ですね。
P1050432.jpg
 つづいて国連本部に下車し、お土産を購入。その後、ずーっと南下してウォール街に到着です。写真はニューヨーク証券取引所(New York Stock Exchange )、あの上場の時に鐘をならすところです。世界一上場が難しいといわれているそうです。
P1050446.jpg
 次の写真はPIA17埠頭です。こちらは横浜のランドマークのあたりと似ていて、小さな雑貨屋や服屋が店を並べていました。
P1050454.jpg
 続いて、ブルックリン橋を渡りマンハッタンを脱出します。対岸からマンハッタンを撮るとこんな感じ。特に有名な建物はないですがPIA17埠頭が写っています。
P1050460.jpg
 次に左の写真は今年できた新名所 人工滝です。こちらは6月26日〜10月13日までの期間限定の稼動だそうです。写真は昼なのでライトアップされていないので、なんだ.という感じですが夜見たらなかなかきれいでした。続いて右の写真は中華街で昼ごはん(飲茶)を食べましたので、中華街をパチリ。中華街はどんどん拡大しているそうです。
P1050462.jpgP1050468.jpg
 続いてはSOHOで混んでいるサンドイッチ屋を一枚。SOHOは昔は倉庫だったらしいのですが、いまは高級ブティックがたちならぶショッピングの地域になっているそうです。
P1050469.jpg
 最後の写真はエンパイヤステートビルからの眺望を撮ってみました。金網が邪魔ですね。
P1050479.jpg
posted by ごった煮 at 20:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 観光

2008年08月22日

NY市内観光(その1)

 ブロードウェイを見た翌日には、観光バスで市内観光です。まずバスが通ったのは、タイムズスクウェアです。車窓からだったので、これだっという写真ではないですが、朝のNYでタイムズスクウェアとイエローキャブ、そして多くの人々とNYらしいです。
P1050414.jpg
 続いて通ったのは、ニューヨークのB級グルメの代表ホットドックのお店、GRAY's PAPAYA(こちら)です。ガイドブックによるとホットドッグ2本とドリンク一つのセット(2ドル45セント)ととてもリーズナブルでおいしいそうです。私も行ってみたい。右の写真はなんだったか忘れてしまいました。
P1050417.jpgP1050416.jpg
 続けてバスが停車したのは、ダコタハウス。ダコタ・ハウス(1884年築)はジョン・レノンの住まいだったところとして有名で、今はオノ・ヨーコさんが住んでいます。すぐ隣にはセントラル・パーク(Central park)があり、写真のWomen's GATEから入りました。
P1050423.jpg
セントラルパークに入ったら、ストロベリーフィールズと名付けられた一画の、静かな散策路の中にあるジョンレノンの追悼のプレートを見てきました。このあたりではうるさくすると怒られるようですが、写真撮影はしたの写真のように皆さんおこなっていました。
P1050420.jpg
 セントラルパーク見学が終わるとバスは一気に北上し、ハーレムまで行ってきました。ハーレムは2000年ごろは治安が悪化していたようですが、いまではかなり治安が回復しているそうで、バスに乗って眺めただけでしたが、そんなに治安が悪そうな感じは見られませんでした。(ただ夜とかは怖そうです) さて、写真左はアポロ劇場(アポロシアター)です。アポロ劇場はアフリカ系アメリカ人黒人のミュージシャンやアーティストたちの登竜門ともいえるクラブでアメリカの中でも著名なクラブの一つだそうです。写真右は、ハーレムの125stでシャッターに絵を描くおじさんです。彼はかなり有名らしく、当日は地元のテレビも取材に来ていました。(また、3ドル払えば絵にサインをしてもらえます。名前は失念してしまいましたが、たぶんハーレムのピカソと呼ばれるフランコさんだと思います。)
P1050426.jpgP1050428.jpg
 続きはまた
posted by ごった煮 at 10:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 観光

2008年08月21日

グランドセントラルとブロードウェイ(ライオンキング)

 めんちゃんこ亭で腹ごしらえしたあとは観光です。まずはめんちゃんこ亭からも近いグランドセントラル駅を見てきました。グランドセントラル駅は、マンハッタン3大ターミナル”(ほか2つはペンシルヴァニア駅、ポート・オーソリティ・ターミナル)と呼ばれているらしく、かなり広い感じで、日本でいうと東京駅のようなちょっと歴史のある駅です。アメリカ国旗がどーんと飾ってあるのがアメリカっぽいですよね。
P1050383.jpg
 続いては、NYでしなければならないことに入ってくると思われるブロードウェイでのミュージカル鑑賞です。なにを見ようかいろいろ迷った結果、英語力が必要ないだろうと思われる「ライオンキング」にしてみました。ライオンキングの夜の部は20時開始だったので、19時40分ごろについて、入り口でチケットを見せて持ち物検査(水持込禁止)を受けて中に入ります。中に入ってエスカレータを上っていると反対側になにやらライオンの顔がありましたので、一枚パチリ(右側の写真)
P1050387.jpgP1050389.jpg
 中に入ったらなにやら意味ありげな機械があったのでこちらも一枚パチリ。
P1050391.jpg
 上映が始まったら、最後まで撮影禁止とのことなので上映中の写真は残念ながらありませんが、本場のブロードウェイミュージカルは言葉にならないぐらいなかなかよかったです。問題の英語ですが、みなが笑えるところについていけなかったりするところもありましたが、なんとなくあらすじはつかめました。ただ今の英語力では厳しいので、次に見に行くときには事前にDVDで予習をしてみなと同じところで笑えるようになりたいです。
 
P1050399.jpg
 最後の写真はミュージカル終了後のごったがえしている場面です。ここでお土産を買ったり、写真撮影をしたりとノンビリしていましたが、意外とアメリカ人のかたはさっさと家路(もしくはアフターブロードウェイ観光)に行くみたいでした。
posted by ごった煮 at 10:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 観光

2008年08月19日

The Kitano Hotel New York

 NYでは、きめ細かいサービスがあり、日本語が通じるという触れ込みのThe Kitano Hotel New York(キタノホテル)に宿泊しました。こちらのホテルは、グランドセントラルの駅からも徒歩5分のPark Aveと38thに面していて、地下鉄を使うにもタクシーを使ってどこへいくにも便利な場所でした。最初の写真は入り口の写真です。
P1050683.jpg
 続いての写真は、キタノホテルの部屋からみるNYの街並みです。左はクライスラービルです。
P1050680.jpgP1050679.jpg
 最後の写真は1Fロビーに飾ってある置物です。何を意味しているのかはよくわかりません。
P1050678.jpg
 今回予約した部屋は、Dbl Dbl Premier Room($475.00@一泊)と日本式のお風呂があると記載のあったDbl Dbl Junior Suite($575.00@一泊)で、部屋はとても清潔(日本では当たり前ですが、アメリカではそんなに当たり前ではないです)でどちらもそれなりに広く、受付も日本語が通じるということでかなり満足でした。ただ、Dbl Dbl Junior Suiteは日本風のお風呂といっても、シャワー室とお風呂が別々の場所にあるので、日本のように洗い場とお風呂が隣にないのであまり日本風のお風呂に期待して泊まってはいけないと思います。

ホテルの公式ページは、(こちら)です。
posted by ごった煮 at 21:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 観光

2008年08月17日

国際SPY博物館(INTERNATIONAL SPY MUSEUM)

 スパイをいろいろな角度からみることができる、世界で唯一博物館。国際SPY博物館に行ってきました。こちらはかなり混むとのことだったので、事前に(公式HP)でチケットを購入(Will Call)して、インフォメーションでチケットを受け取ったところなんなく入ることができました。
P1050353.jpg
 まず左の写真ですが、入場してはじめのちょっとした映画を待つウェイティングルームです。かなりの人が入っていて人気の高さが伺えます。そして映画をみて自分が違う人(第二の自分)はどんな自分かということをおぼえて、展示を見ていきます。右側の写真は車の中に数人隠れているといった展示です。
P1050354.jpgP1050359.jpg
 続いての左の写真は傘が銃になっています。右側の写真は係員の人が第二の自分はどんな人か(名前・職業・出身地・何の目的でこの国に入国したか等)聞いてきます。うまく答えられたら、係員の方から記念品がもらえます。私は第二の自分をおぼえることができなかったので係員の方に近づかないようにしていました(笑)
P1050361.jpgP1050362.jpg
 最後の写真はロゼッタストーンです。暗号の解読という意味で展示されていると思います。
P1050365.jpg
 
 総評として、3時間ほどで英語を訳しながら見ていきましたが、まだまだ時間が足りないぐらいでした(1Fはほとんど見ていません)。展示内容もさることながら、展示方法が遊べるように展示されているので、DCの展示観光のなかではかなりお勧めです。
posted by ごった煮 at 13:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 観光

2008年08月16日

国立航空宇宙博物館 本館

 先日は国立航空宇宙博物館の別館に行ってきましたが、本日はThe MALLの中にある国立航空宇宙博物館(The National Air and Space Museum)の本館にいってきました。入り口入ってすぐまず迎えてくれたのは月の石です。下記のように人が一杯で、触ることができます。
P1050343.jpg
 次に見に行ったのが、1903年にライト兄弟が最初に運転した動力飛行機 ライトフライヤー号です。自転車を動力としたあの人類初の飛行機が目の前に見ることができます。
P1050349.jpg
 写真はないですが、それ以外の展示物としては大西洋を横断に成功したリンドバーグ関連の展示物や宇宙関連の展示物、あとちょっと面白かったのは航空母艦なかを見るような展示コーナもあったり、別館より楽しめました。

 総評として、別館はただ単純に飛行機・ヘリ・宇宙・軍用機がドンドンと置いてあるという感じですが、本館は別館よりスペースが狭い分、置き方、見せ方に工夫がされており、私的には本館の方が見たという感じがするのではと思います。
posted by ごった煮 at 21:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 観光

2008年08月15日

ワシントンDC観光 ハイライト

 アーリントン墓地に続いて、ワシントンDCの観光をしてきました。まず最初は、建物の形より英語で五角形を意味する「ペンタゴン」です。こちらは911以降、外から見るだけで中に入ることができないのが残念です。
P1050314.jpg
 続いては、リンカーン記念館です。こちらの、36本の柱はリンカーン大統領が亡くなった時点でのアメリカ合衆国加盟州の数を表していて、記念館が完成した時点で合衆国に加盟していた48の州は屋根裏屋外の壁に彫られ、その後アラスカ州とハワイ州が加盟したことを受けて記念の金属板が作られたそうです。
P1050315.jpg
 続いて写真左側はリンカーン記念館からみたワシントン記念塔です。リフレクティング・プールがきれいです。写真右は警察です。馬に乗っています。
P1050317.jpgP1050319.jpg
 続いて写真左はリンカーンの石造。右側はホワイトハウス近辺で見かけたなぞの乗り物です。こちらは警察官とかもモールで乗っていて時速20Kmぐらいは出るそうです。
P1050322.jpgP1050331.jpg
 続いて写真左は、クリスマスツリー。NYのクリスマスツリーは切られていますが、こちらのクリスマスツリーは生きています。写真右はワシントンDCでもっとも値段が高いホテル、ウィラード・インターコンチネンタル・ワシントンです。さすがに格式がありそうです。
P1050333.jpgP1050338.jpg
 最後を締めくくるのは国会議事堂(裏側)です。表側は封鎖されており見ることができないというのは残念ですが、裏側でも十分貫禄がありますね。
P1050339.jpg

以上、ワシントンDC観光 ハイライトです。DCにきたらペンタゴンは別として、これらは見ておくべきだと思われます。
posted by ごった煮 at 09:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 観光

2008年08月14日

アーリントン墓地

P1050312.jpg
 大リーグ観戦の翌日には、アーリントン墓地の観光をしてきました。アーリントン墓地には無名戦士の墓・第35代ジョン・F・ケネディ大統領という二大観光スポットがありますが、今回は初の日本とアメリカ間のテレビ中継実験(衛星通信)が成功した日に暗殺された第35代ジョン・F・ケネディ大統領の墓を見てきました。
 というのも、アーリントン墓地は墓地の面積が2km²とあまりに広大で、いろいろ見てまわるとアーリントン墓地だけで一日終わるかもしれないからかもしれません。(下の写真は二大観光名所の道先案内)
P1050282.jpgP1050310.jpg
 さて、移動は車だったのですが途中で変な乗り物を発見。こちらはノルマンディ上陸作戦のときに使ったといわれる水陸両用車だそうで、DCを陸と川から観光することができるそうです。一度乗ってみたいです。
P1050280.jpg
 かなり脱線しましたが、駐車場(有料)に車を止め向かった先は、インフォメーションセンター。こちらにはトイレやマップなどもあるので、観光前と後に寄られることをお勧めします。
P1050308.jpgP1050300.jpg
 次は、もう早速メインイベントジョンFケネディの墓です。上の左の写真は忘れてしまいましたが、右の写真はエターナルフレイム(?名前は不明)といい、24時間365日火が消えないよう努力されているようです。そして、下の写真が第35代ジョン・F・ケネディ大統領(通称JFK)墓の全体の写真です。子供と奥さんと一緒に並んでいるそうです。
P1050301.jpg
 あとこのあたりは神聖な場所なので、私語は慎みなさいという看板もでてますので、大きな声を立てないように気をつける必要があります。
 総評として、こちらは硫黄島記念碑とともに、DCにきたら一度は見ておく価値はあるかなと思いますが、ただ墓が並んでいるだけですので大して面白くはないかもしれません。時間があればちょっと寄るぐらいでいいかな〜と思います。
posted by ごった煮 at 11:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 観光

2008年08月13日

大リーグ観戦(シンシナティ・レッズVS ワシントン・ナショナルズ)

 ナショナルズ・パークへシンシナティ・レッズ VS ワシントン・ナショナルズの試合を見に行ってきました。今回はいつもみている$10の席ではなく、1席$58ドル(手数料別)の一階外野の席です。
 ここだと日本の球場と違うことを肌で感じることができます。というのは、この席にはネットがありません。ので写真を撮ると下記のように迫力ある画像となります。
P1050241.jpg
ちょっとアップにしてみました。まさに選手と同じ階にいるんだと感じられます。
P1050244.jpg
ちょっと小さくてわかりにくいですが、選手のサイン会も行われていました。
P1050254.jpg
開会式の後試合が始まり、水を買いにちょっとでてみたところ大統領レースの4人の大統領が並んで子供と記念撮影していました。
P1050256.jpg
5回の裏にはTシャツ投げで盛り上がります。この階なら取れるかもと思いましたが、こちらには飛んでこず残念でした。
P1050258.jpg
その代わりといっては何ですが、写真の鳥や大統領にタッチすることができます。$10の席には来ないのでこれは役得です。
P1050260.jpg
この日はナショナルズも勝利し、炎天下の中ビールがおいしかったです。
P1050263.jpg


追伸.そういえば、ある観光ガイドさんによると球場の名前に企業名が使われていないのは珍しいそうです。ナショナルズも珍しい球場のひとつなんですね〜。人気がないからかな(笑)
posted by ごった煮 at 20:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 観光

2008年08月03日

国立航空宇宙博物館 別館(The National Air and Space Museum)

 ワシントンD.C.の郊外にあるワシントン・ダレス国際空港から車で15分程度に位置する、国立航空宇宙博物館 別館(The National Air and Space Museum)に行ってきました。
 前評判では、本館より規模が大きく200ある航空機と135の宇宙船が収蔵されており、かなりのスケールを感じさせるというすごいところのようでした。
 移動は車で行いました。駐車場にとめるのに$12払って、中にとめます。その後、簡単な荷物検査を通過して、中に入ったら下記のような飛行機群に迎えられました。
P1050213.jpg

 こちらの建物には、民間機および軍用機およびスペースシャトルが展示されているのですが、まずは一番近かった軍用機コーナーで、ゼロ戦と特攻隊員が使用した飛行機を見学です。
P1050216.jpgP1050217.jpg

 ゼロ戦と比較すると、特攻隊員が使用した飛行機はかなり小さく、この飛行機と運命をともにしなければならなかったというのはさぞかし大変だったかと思います。
 あとの宇宙や民間機はいい写真がとれておらず、どうやら写真はこれで打ち止めです。
 というところで総評としては、別館は飛行機(および軍用機)好き、宇宙好きにはたまらないところかとおもいますが、そうでない方は1時間ぐらいでさーっと見て終了っていうところかもしれません。

<観光した場所>
 国立航空宇宙博物館 別館(The National Air and Space Museum) Steven F.Udvar-Hazy Center
 Address:14390 Air & Space Musaum Pkwy Chantilly ,VA 20151
 TEL:202-633-1000
 駐車場:有($12) 16時以降は無料
 国立航空宇宙博物館 別館のホームページは(こちら) 

posted by ごった煮 at 23:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 観光

2008年07月15日

ワシントンDCの街並み

P1040991.jpg
 さて、これは何の写真でしょう? 象は象だとおもうのですが、どこで撮ったかがポイントです。というのも、ただ歩いていたらなんか目に入ったのでとったのがこの写真で、ただの民家です。下には、また像があったので思わず撮った別の家の写真です。
P1040992.jpg
 DC市内のど真ん中にこんな像を建てるのだから、ただの民家といってもかなり大金持ちの方だとおもいますが、かなりびっくりしました。
posted by ごった煮 at 11:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 観光

2008年07月11日

独立記念日の花火

P1050011.jpg
 7月4日のことになりますが、この日はアメリカの独立記念日でした。この日はあちこちの都市で花火が打ち上げられるのですが、ここワシントンDCでも花火が打ち上げられました。
 本当は、ワシントンDC掲示板の独立記念日花火ガイド in ワシントンDCのページ(こちら)をみて、特等席で見学しようと思っていたのですが、当日の夕方は雨が降っていて、雨により打ち上げがキャンセルになったらいやだなとおもい、ペンタゴン方向に車を走らせました。8時45分ぐらいにペンタゴンシティのモールのコインパーキングに到着し、人ごみにつられて川沿いへ移動してみた花火が、表紙の写真です。
 結構よく見えるはずなのですが、写真のとおり煙の向こう側に花火と風向きが最悪でした。風向きさえよければ2時間以上も前から待つ必要がないのでよい場所だったんですけど...
 モールの方では、待っている時間は音楽の演奏があったり、花火も音楽に合わせて打ち上げられる?とのうわさもありますので、来年はナショナルモールで花火を見たいなと思いました。

posted by ごった煮 at 13:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 観光

2008年06月25日

「National Capital Barbecue Battle(ナショナルバーベキューバトル)」

P1040886.jpg

 6月21日と22日の2日間、ワシントンDCでは恒例の「National Capital Barbecue Battle」が開かれました。
 私は6月22日の5時過ぎに到着したので、バトル自体はもう終わっているようでしたが、BBQだけでなくいろいろなイベントがあり、お子さん連れだととても楽しめるイベントではないかと思いました。
 ちなみに、入場料は大人が$10で子どもが$5ですが、この入場料を払ったからといって、BBQが食べ放題になるというわけではありりませんでした。
P1040901.jpg

 上の写真が注文したBBQです。BBQの味は日本のそれと比べてたいしたことないといままで思っていましたが、ここでは自分でソースを後のせという選択ができたので、BBQをビールとともに日本のスペアリブ感覚でたべることができてなかなかいけました。レストランでもソースがかかってなければ最高なんですけどね〜。

 詳細な内容は旅行記に掲載しています。(こちら
posted by ごった煮 at 20:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 観光

2008年06月22日

Memorial Day(メモリアルデー)のパレード

P1040691.jpg


 5月の最終月曜日に、メモリアルデー(戦没者追悼記念日)のパレードを見てきました。ちょっと遅くなりましたが。(旅行記)を作りましたのでブログにも掲載します。
 メモリアルデー(戦没者追悼記念日)は、もともとは南北戦争の戦没者を追悼する日だったそうでしたが、今は国のために命を落とした軍人すべてを追悼する国民の休日となっているそうです。
 パレードでもいろいろな戦争があったこととあわせて、近くの戦争においては退役軍人の方と思われる人も一緒にパレードに参加していました。
 Memorial Day(メモリアルデー)は、初夏の訪れを満喫する日にもなっているそうですが、この日はとても暑く。初夏というよりまさに夏という感じでした。パレードはかなり長い時間行われるので(夕方5時前まで)、水分補給などは必須ではないかと思います。

 詳細な内容は旅行記に掲載しています。(こちら
posted by ごった煮 at 22:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 観光

2008年06月18日

国立自然史博物館(スミソニアン)

P1040503.jpg
 先月の暑い日でしたが、正式には国立自然史博物館/国立人類博物館(National Museum of Natural history/National Museum of Man)と呼ばれる、スミソニアンでもっともふるい博物館に行ってきました。
 こちらのテーマは地球ということで、地球上のいろいろな年代の動物(恐竜からチョウチョまで?)が展示されていました。
 また、動物だけでなく、鉱物や宝石、宝石の中でも特に圧巻だったのが、45.52カラットのブルーダイヤ(ホープダイヤモンド)、さらにひっそりと隕石なども展示されています。
 地球の歩みをみるのには、なかなかいいところですが、2〜3時間ではじっくり見ることができません。いつか、英語が分かるようになったら、1日のんびりとみるぐらいの気持ちで行って見たいと思います。
 博物館の中の写真は旅行記に掲載しています。(こちら
posted by ごった煮 at 13:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 観光

2008年05月31日

National Mall付近の屋台?

P1040501.jpg

 National Mall付近(ワシントン記念塔、ホワイトハウス、国会議事堂、スミソニアンのあたり)には、写真(下)のような屋台?がかなりあります。

P1040483.jpgP1040484.jpg


 上記のようなお店でお土産なども買うことができて便利ですが、今日は下の様な屋台でホットドックとエッグロールを買いました。

P1040485.jpgP1040461.jpg


 まぁ、味はたいしたことないのですが、なんか屋台で購入するといつもと違った感じがして気持ちがいいものです。
posted by ごった煮 at 13:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 観光

2008年05月28日

FBI本部

P1040595.jpg


 アメリカ合衆国の連邦捜査局(Federal Bureau of Investigation、FBI)に行ってきました。といっても、中に入る見学ツアーはいま開催されていないようですので、外側から見ただけです。
 今年は、FBIの元となるBOI(Bureau of Investigation:捜査局(セオドア・ルーズベルト政権当時に数人の規模で司法省内に設立))ができてから、ちょうど100年にあたるらしく、大きく100周年を祝う?横断幕が掲げられてました。

P1040597.jpgP1040599.jpg


 左のようにゴミ箱にもFBIと書いてあって、なんか観光した気にはなるのですが、何せ中にも入れませんし、なによりビルの入り口がほとんど通行止め。本当にここで執務が行われているのか分からないといった感じでした。

<FBI本部>
 Address:10th St. & Pennsylvania Ave.NW
 TEL:202-324-3447
 HPページは(こちら
 駐車場:なし
 2006年12月現在閉鎖中とのこと(地球の歩き方 ワシントンDC07〜08より)
posted by ごった煮 at 21:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 観光

2008年05月26日

Rolling Thunder(ローリングサンダーのパレード)

P1040429.jpgP1040434.jpg

 今週はメモリアルディウィークエンドなので、いろいろなイベントが開催されます。その第一弾としてローリングサンダーのパレードが25日に開催されるとテレビで放送されていたので、行ってきました。
 ローリングサンダーのパレードとは、「Rolling Thunder: Thousands of motorcycles will assemble at the Pentagon parking lot and depart at noon for the District. A ceremony and musical tributes will begin at 1 p.m. at the Reflecting Pool across from the Lincoln Memorial. 」
 というものらしく、40万台(?)ぐらいのハーレーダビットソン(に限らないようですが)が、決められたルートをパレードし、リンカーンメモリアルでセレモニーがあるとのことです。
P1040455.jpg

 近くの駅に着いたときには、すでに12時を大きく回っていましたが、たくさんのバイクが走っていました。
P1040465.jpgP1040441.jpg

 沿道にはたくさんの人々とバイクに乗っている人たちは写真などを手に持ちながらのっている人もいました。
P1040489.jpg

 総評としてはさすがアメリカ。ハーレーダビットソンが一杯で、バイクを見たい方にも必見ではないかと思われます。

<イベント情報>
イベント情報は(こちら
posted by ごった煮 at 23:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 観光